親族(親・祖母・兄弟)からお金を借りる時の注意点

本来、お金を借りることは身内でもタブーと考えられています。しかし、金欠の時にお金がどうしても必要で、貸金業者や他人からお金を借りるのであれば家族に相談する方が良いのかもしれません。

 

孫であれば祖母に頼むケースが多いでしょう。おじいちゃん・おばあちゃんは自身が育てた子供よりも孫への愛情は高いです。おそらく、お説教はされるでしょうが、親よりもソフトで優しい口調でしょう。

 

孫には甘いのが祖父や祖母です。
主婦の場合、旦那や子供に相談できないでしょうが、兄弟に相談するケースが多いです。

 

弟や妹の立場から兄や姉に頼むというケースが良く、ただし、どのようなことに必要かを明確に話して理解してもらうことと返済の確約することが重要です。兄弟は親族の中で一番血縁が濃い関係を持ちます。

 

理由が立たない内容や返済の約束を破れば、貸してもらえないのはもちろんのこと、親にこれまでのことを告げ口される可能性が高いです。お金を借りるということは、信用が無ければいけません。

 

そのためにも借りた以上、必ず約束通り返すという信念を持たなければ借りること自体が間違いです。万が一返済の約束を破れば、信用は著しく低下し、人間性も疑われてしまいます。

 

身近(同僚・恋人・友達)な人からお金を借りる時の注意点

 

借金をする時にはまずは身近な人からお金を借りる事を考えるようにしましょう。会社の上司や同僚、先輩でも構いませんし、友達や友人、知人、異性の友達や恋人からでも良いでしょう。

 

そうした人達はまず金利無しで無利息無期限で貸してくれる人達ばかりのはずです。何故ならビジネスでお金を貸すわけでは無いわけですから、いちいち金利まで計算して貸すという事をする事も面倒です。

 

友人関係のようなものは会社の関係という事は、お金の貸し借りをするような関係では無いわけですから、そのような状態で貸してくれという人は困っている人だという事は一目瞭然で分かる事になります。

 

その困っている人からさらに困る金利を強いるという事はまずしないのが常識といっても良いはずです。

 

お金がないわけですから、そのような人にさらにたかるような事は人間的にもよろしくないという考え方があります。ですが、金融機関はこの考え方がありません。

 

弱い人から出来るだけむしり取るというのが金融機関ですから、そのようなところと契約する必要はありません。まずは出来るだけ負担が無いところからお願いしていくというのが当たり前といってもい良いはずです。お金がないのにさらにお金が必要になるところから借りる必要は全くありません。