公共機関でお金を借りたい人が確認するべき情報

お金を借りる場合、まず思いつくのは消費者金融や銀行などですが、公的機関でもお金を借りることができます。

 

生活費などに困ったら区役所や市役所などに相談に行ってみましょう。そうした公的機関での貸し付けでよく知られているのは、「生活福祉資金貸付制度」です。これは社会福祉協議会によって貸し付けがおこなわれています。

 

だれでも借りられるというわけではなく、細かな条件がありますが、条件に合えば保証人がいるときは無利子で、もしいなくても金利1.5%で借りることができますので一般的な金融会社と比べると非常に低金利といえます。

 

また役所や行政だけでなく、労金なども低金利で借りることができます。労金では生協会員ですと優遇されます。また日本政策金融公庫、いわゆる国金でも借りられます。

 

こちらは一般の個人ではなく、小規模の事業主や自営の人を対象としています。政策金融機関で貸し付けをおこなっています。ただし審査に時間がかかるため、即日で融資は難しく、1〜2週間かかります。

 

このように公的機関でも借りられる場合がありますので、消費者金融や銀行などに申し込む前に、まずは福祉事務所などに相談し、自分が条件にあてはまるところがないか聞いてみるのもひとつの方法です。