ナイトワークでも気軽に申し込みがしやすい人気のカードローン紹介

 

夜職のことをナイトワークと呼びますが、主に水商売のことを指して使うようです。工場の夜勤、IT企業の深夜労働なども夜の時間帯に働きますが、一般的には夜職とはいいません。カードローン審査ではこの違いをよく理解しておく必要があります。

 

例えば、工場の夜勤で働いている人ならカードローン審査で特に不利にはならないでしょう。夜勤で働いている人は深夜労働手当がつくので給料が高い傾向にあり、むしろ有利になる場合もあります。IT企業の深夜労働なども同様に、夜の時間帯に働いているからといってカードローン審査で不利になることはないようです。

 

ところが、水商売で働いている人はカードローン審査で不利になる傾向があります。それはなぜかというと、安定していない職業とみなされるからです。芸能人が住宅ローンを組めない・組みにくいという話を聞いたことがある人は多いでしょう。お笑い芸人などは一時的に月収が200万円を超えることがあっても、人気が落ちてテレビ出演がなくなれば収入は一気に下がり、フリーターよりも低収入となるそうです。

 

水商売で働いている人も、固定給ではなく歩合制ですので指名がとれている間はがっつり稼げるものの、指名がとれなくなれば収入は減ります。一時的には高い収入を得ていてもカードローンで高額融資を受けにくいそうです。もちろん、大手チェーンの正社員として働いている人などは安定した収入を得ているので、ケースバイケースです。

 

しかし、キャッシングで小口融資を受けるだけならそれほど難しくはありません。水商売で働いている人はお店が携帯電話だけで営業しているということがありますが、その場合には在籍確認をクリアすることが難しくなります。逆に言えばお店に固定電話さえあれば大手の消費者金融でも借りられる可能性が高いです。高額な融資を希望しても断られる可能性が高いので、無理のない金額を借入希望欄に記入することが1つのコツです。