専業主婦がバレないで上手にキャッシングする方法を体験からお伝えします。

 

お金を借りる場合には総量規制という法律があるため、年収の1/3までしか借り入れすることができません。つまり専業主婦の場合には無収入ですので、お金を借りることはできないことが前提となっています。

 

パートやアルバイトなどで多少でも毎月一定の収入がある兼業主婦ならば審査も申込できますが、専業主婦本人が全くの無収入では難しいのです。

 

配偶者貸付という制度があるため、実施している金融機関なら申込をすることができます。配偶者貸付というのは夫に安定した収入があるということを前提として、二人の年収を合算して申し込む方法です。

 

つまり妻が専業主婦で無収入でも、夫の収入の1/3まで借り入れすることができるのです。ただ必要な書類が多いことと、業者側の手間の多さからあまり対応している業者がないのが実情です。

 

妻の本人確認書類、配偶者であることを証明する書類、夫の同意書、収入証明書などが必要です。内緒で契約したいということはまず不可能ですし、手間から言うと専業主婦本人が手続きするよりも夫が最初から申込をしたほうが早いです。

 

専業主婦がお金を借りるのなら、もう一つが銀行系カードローンです。銀行は総量規制対象外ですので、夫の同意書などなく申し込みができる場合もあります。

 

全ての銀行が対応しているわけではありませんが、消費者金融よりも上限金利が低く利用することができますし、ネットや電話など窓口に行かなくても申し込みできます。もちろん夫に安定した収入があることが条件ではありますが、夫の収入から返済するということを前提として利用できます。

 

ただ借り入れの限度額が専業主婦の場合には決まっていることがあります。夫の収入が300万円だと通常1/3なら100万円ですが、専業主婦が申し込む場合には10万円から50万円程度と低く設定されてしまいます。

 

中には100万円以上借り入れができる銀行もありますが、内緒で利用したいのなら借りすぎには注意が必要です。申し込みには夫の同意書なども必要なく、専業主婦本人の本人確認書類だけで内緒でこっそり借りるということも可能なのです。