学生が親バレなしでちゃんとした所からお金を借りる方法

 

学生がお金を借りる場合には、いくつかの点での困難が待ち受けています。まずは銀行や消費者金融が提供しているカードローンやキャッシングでは、多くは年齢制限が設けられていること、また安定的に収入を得られる手段を本人が持っておらず、返済能力に疑問があると見られかねないことが挙げられます。

 

そのなかでも一般のカードローンやキャッシングですが、申し込みをする前にいくつかの会社のものを見比べて、条件的に学生でも借りられるかどうかをチェックするのがよいといえます。たとえばカードローンやキャッシングでは、年齢に満20歳以上、65歳以下などの制限を加えていることが多いはずです。

 

このような場合、20歳以上の大学生であれば十分に条件を満たしていますし、ほかにもアルバイトも申し込み可能としている会社であれば、収入条件も満たすことになります。アルバイトは会社によっては認められないおそれもありますので、あらかじめ条件をチェックすることはその意味でも重要です。

 

もっともアルバイトが認められたとしても、返済能力との関係から、あまり大きな金額の限度枠までは期待できないこともありますので、その点は了承の上で申し込みをしておきます。

 

そのほかには学生ローンと呼ばれる特別なローンを取り扱っている会社もあります。この場合は年齢的にも18歳程度からという条件になっていることが多く、その点についてはあまり問題がありません。

 

ほかには親族から保証人を立てる必要がある可能性があり、逆に本人よりもこの保証人のほうが安定かつ継続した収入を持っているかどうかが審査のポイントになることがあります。

 

そのため保証人が不要で使いみちについても自由な一般のカードローンやキャッシングに比べると、いくらか制約があるともいえますが、学生がお金を借りる手段としてはなかなか得難いもののひとつです。取り扱っている会社自体がそれほどありませんので、見つけることができれば候補に入れておくのもよいでしょう。