外国人が日本でお金を借りる為に知っておくこと。

 

日本には、仕事や研修のために来日した外国人や留学生が数多く住んでいます。そんな外国人も、日本でお金に困ったときに頼れるのがカードローンやキャッシングです。

 

カードローンやキャッシングは、外国籍の人々でも利用することができます。ただし外国籍の方の場合は、日本人のときとは異なるポイントがあるので注意が必要です。

 

外国人がカードローンやキャッシングでお金を借りるためには、在留カードが特別永住者証明書を提出しなければいけません。また外国人ならではのポイントとして、日本語で読み書きできることも重要です。

 

日本語で読み書きができないと、カードローンやキャッシングの契約書を読むことができません。申込書に日本語で必要事項を記入することもできないので、お金を借りることができなくなります。さらに残りの在留期間も、外国籍の人がお金を借りるときには重要です。

 

残りの在留期間がわずかだと、お金を貸しても回収できない可能性が高まります。そのため多くのカードローンやキャッシングは、十分な在留期間が残っていないと融資はしない方針とされています。この他にも日本人と同じで、安定した収入も必須の条件です。

 

安定した収入を得ていても、勤続期間が短いと断られることがあるのは注意しなければいけません。これらの条件を満たしていることを確認したら、カードローンやキャッシングに申し込みましょう。外国人がお金を借りやすいのは、銀行のカードローンではなく消費者金融のキャッシングです。

 

銀行のカードローンは日本人でも簡単に審査には通過しませんが、外国人の場合は永住権がなければ審査に進むことすらできません。しかし消費者金融のキャッシングは、在留カードや特別永住者証明書を提出すれば問題ありません。

 

そのため外国人や外国籍の方が日本でお金を借りたいときには、消費者金融に申し込みましょう。条件さえクリアできれば、外国人でも日本人と同じようにお金を借りることができます。