カードローンを申し込みすると融資までに掛かる時間

カードローンの申し込みの流れは各社で若干の違いがありますが、基本的には申し込みを行って審査を行い、それに通れば在籍確認をして勤務していることが分かれば契約になります。

 

この流れの中で銀行カードローンの場合は警察のデータベースへの照会もあります。反社会的勢力に融資を行っていた問題に対する自主規制で行われているもので、この影響で即日融資ができません。消費者金融では現時点ではこのような自主規制をしていないので即日融資が可能です。

 

最短で申し込む場合の方法はインターネットからの申し込みです。

 

30分で結果が出るとしているところもありますが、実際には1時間程度はかかることが多いです。契約すればいつでも借りられるわけではなく、銀行振り込みの場合は営業時間、カードを使う場合は郵送されるのを待つか受け取りに行くなども考慮しておく必要があります。

 

申し込みの流れの注意点で、在籍確認が終わらないと契約できないので、勤務先が不在の場合は確認が取れるまで結果が出るのが遅れます。消費者金融では書類提出で代用できる場合があるので相談してみると良いでしょう。

 

在籍確認は本人が出る必要はありませんが、新人などが電話担当をしていると誤った応答をして失敗する危険性があることも注意点です。

 

カードローン&キャッシング必要書類

お金を借りる時の必要書類としては、申し込みをした方が確かに本人かどうか確認できる身分証明書が最低限必要になります。

 

特にインターネットで手続きをする場合有効期限内の顔写真付きの運転免許証やマイナンバーカード、住基カードであれば、追加の書類は必要ありません。保有していない場合は、郵送での手続きになるか、確認がしやすくなるよう複数の書類の提出で手続きができることがあります。

 

健康保険証を身分証明書として選択したのであれば、公的機関で取得をした印鑑証明や公共料金の領収書などが利用できる場合が多いです。

 

借入をしたい金額が50万円を超過する場合や、複数のカードローンやキャッシングを利用していて借入額の合算が100万円を超過するのであれば、収入を証明する書類が必要になります。

 

会社員であれば直近2〜3ヶ月の給料明細と賞与明細、前年の年末調整の時期に勤務先から発行された源泉徴収票などが対象です。個人事業主であれば、確定申告書が必要です。

 

在籍確認なしのカードローンの申し込みや、個人向けの電話の受付が難しい会社に勤務している場合は、勤務していることが分かる証明書が必須となります。社名が入った健康保険証や組合保険証、直近の給与明細で代替とすることも可能です。

 

アルバイトの方は国民健康保険に加入していることがありますが、その場合は社名が入っていないので利用できません。給与明細書で対応しましょう。

 

お金を借りる審査を受けるときにやるべきこと

銀行で審査通らない場合には、消費者金融のキャッシングの審査を受けることでお金を借りることができる可能性があります。消費者金融の審査が銀行と大きく異なるのは、審査が甘いという点です。

 

基本的に、お金を借りる審査を行うときには消費者に本当に返済能力が存在するのかどうかを確認するために、厳格な基準を設けなくてはいけません。仮に、返済能力が存在しない消費者にお金を貸してしまったとなると、そのまま不良債権になってしまう可能性もあります。

 

お金を貸す金融機関にとっても大きな痛手になるため、銀行の融資の基準が厳しいことがほとんどです。しかし、消費者金融のキャッシングの審査は、即日でお金を借りることができるくらいに甘い状況です。

 

なぜこのような状況になっているのかというと、そもそも融資をする金額が小さいからに他なりません。キャッシングというのは、もともと少額融資を対象とした言葉です。

 

キャッシングは、普通の消費者でも気軽に借りられる金額に設定することで、より多くの人にお金を貸すことを目的として提供されています。ですから、審査基準を厳しくしてお金を貸すことはしませんので、銀行で借りられない人もキャッシングならば利用できる可能性があります。